失敗しないアパート経営の方法|プロにサポートを依頼するのが良い

投資用マンションの購入法

お金

どのように利益を目指すか

数ある不動産投資法の中でも、初心者でも比較的とっつきやすいとされているのが、マンション投資です。物件のタイプが豊富で、予算に合わせた投資ができるというのがその主な理由です。マンション投資を行う際の基本的なやり方としては、転売益を得る場合と家賃収入を得る場合の2通りがあります。いずれを選ぶかは個々の投資方針や物件の性質によりますが、一般論としては売却益を得る方がハードルが高いと言われています。というのも、利益を得るには物件価格が値上がりする必要がありますが、マンションの価格は景気の動向など予測の難しい要因によって変動するものだからです。ただ、見方を変えれば、そうしたマクロの動向を見極める目があれば大きな利益を上げやすい手法だと言えます。一方、家賃収入を得る場合については、長期にわたって安定した収益を上げられるチャンスがあります。ただ、当然ながら空き室状態の間は収入がゼロとなり、経費のみが出ていくということになります。入居者の確保や物件のメンテナンスなど、日常的な経営努力が求められる投資法であると言えます。また、マンション投資は1棟買いと区分買いという分け方もできます。前者はその名の通り建物全体を購入することで、後者はその中の1戸あるいは数戸を区分所有するというものです。1棟買いの場合は多額の購入資金が必要となり、当然リスクも増大します。その反面、マンション投資者自らがリノベーションや管理体制の見直しに采配を振るうことで、物件価値を上昇させることができます。一方の区分買いは、少額の資金でも投資が始められるというメリットがあります。